第10回駒澤大学同窓会茨城県支部総会のご報告(土浦)

平成9年に、駒澤大学同窓会茨城県支部は発足いたしました。
2年に一度の定例総会を重ね、平成27年11月7日に茨城県土浦市「ホテル ローブ」にて記念すべき第10回総会を開催する事ができました。
現在、飯山孝之支部会長を中心に役員一同、県内約5,000人の同窓生の世代を超えたOB達の出会いの場を作り、
良き縁結びを目標に、ボランティア精神を発揮し同窓会活動を行っております。

 

今回の総会は3部構成となりました。

 

1部の定例総会では、①今年度事業報告及び来年度の事業報告、② 会計報告、③ 役員人事(案)が、議題として提出され、承認されました。
又、駒澤大学を代表して、来賓の和田月史同窓会事務局長より「駒澤大学の現状と本部同窓会活動のご報告がありました。

 

2部の記念講演会では、最新の「駒沢大学同窓会だより」第46号特集(インタビュー記事)に掲載されました第55次・南極観測越冬隊員の塚本健二氏(駒沢大学・法学部卒OB、現・つくば市役所職員)をお招きして、南極の自然・昭和基地での日常生活を中心に、貴重な体験談を映像と資料(越冬服、南極の氷など)を通して楽しいお話をいただきました。質疑応答も盛り上がり、楽しい時間を過ごすことが出来ました。
第55次・南極観測越冬隊員の塚本健二氏

 

3部の懇親パーティでは、約60名のOBが世代を超えて、青春時代に戻り学生時代の話や、地域や職場の情報交換など、同窓生ならではの有意義な交流がなされました。
10_4

次回の第11回総会は、平成29年秋を予定しています。又、近く茨城県同窓会支部のホームページも再開する予定です。
今後も変わらぬご支援とご協力の程、宜しくお願い申し上げます。

 

駒沢大学同窓会茨城県支部
事務局 :神原 俊行