ごあいさつ

駒澤大学同窓会茨城県支部会員の皆さま、輝かしい2016年の初春を迎えられましたこと心よりお喜びもうしあげます。

日ごろより、会員の皆様には地域に密着した活動を実施していただいておりますことに対し心より感謝申し上げます。本年は同窓会茨城県支部も発足20周年を迎える大切な節目の年でありますので心機一転頑張ってまいりたいと存じます。

現在、茨城県支部には約5000名の卒業生がおりますが、加入登録されている会員は150名弱という状況であります。今年の目標として各地区において一人でも多くの卒業生を支部会員に加入していただくとともに県北・県央・鹿行・県西・県南地区それぞれの事業活性化を目指して行きたいと考えております。

関東各県それぞれ紆余曲折の中、同窓の輪を広げる努力をされているようでございます。善きところを見習い、協力しながら関東の輪を拡大しておりますが、まずは本県の基礎を磐石なものにすることが大切であり「継続は力なり」の信念を貫く役員一同の気迫に期待しております。

母校・駒澤大學も学業、スポーツ両面での活躍に私どもも歓喜に酔いしれることが多くございます。20周年目を迎えるにあたりイベントも計画いたしてまいりたいとも検討中でございます。今年こそ会員皆様にとりまして希望に満ち、よき思い出多い年となりますことをご祈念申上げ年頭のごあいさつといたします。

 

平成28年 2月 吉日

駒澤大学同窓会茨城県支部
支部長   飯山 孝之